Sベンズ.jpg

コシの強さとモッチリ感


「Sベンズレザー」は、国内最高峰のタンナー(※)「昭南皮革工業所」が、
つくり上げる最高級の牛革です。

9~11月に入る北米産の上質な原皮のみを使用し、
一般的なタンニンなめしの革よりも長い時間をかけてなめされます。

時間をかけてなめされることで生まれる「コシの強さ」があり、
オイルをたっぷり含ませた独特の「モッチリ感」があるのが魅力です。

強靭さとしなやかさを兼ね備え、使い込むほどに深い味わさをかもし出す
SWLが惚れ込んだ革です。

Sベンズ原皮.jpg

タンナーとは、皮から革を作る業者のこと。
 動物の「皮」をなめして、腐ったり固くなったりしないように加工し
 製品として使える「革」にするのがタンナーの仕事です。

この革の魅力を最大限にいかす 


SWLでは定番アイテムの全てに「Sベンズレザー」を使用しています。

この革の風合いが最もいきるように追求してきた、独自の染色方法で染め上げ、
使うほどに味わいを増す革だからこそ、長く使っていただけるよう耐久性と使い心地にこだわった
妥協なきハンドメイドで、一つ一つ丁寧にかたちにしています。

IMG_7562.jpgIMG_8966.jpg

「Sベンズレザー」は、長く愛用したいと思っていただけるものをつくる
SWLのものづくりにとって欠かせない存在です。

>> SWLの妥協なきハンドメイド