Solitude Without Loneliness


 

SWL leather worksは、

上質でありながら、男らしさや無骨さを感じることができる。
長く使えるタフさがあり、長く使いたいと思える美しさがある。


そんなレザーアイテムを生み出すため、厳選した最高品質のレザーのみを使用し、

手縫い・手染め・手彫り・手仕上げという、オールハンドメイドにこだわったレザーブランドです。


代表クラフトマン・田島隆治と、店長・田島いづみの夫婦二人で製作を行っています。



HAND sewing
手縫い

SWLのレザーアイテムは、一穴ずつ開けた縫い穴にシニューというミシンでは縫えない糸を通していく[手縫い]で仕立てています。
大変時間と手間を要する縫合方法ですが、手縫いにこだわるのは「丈夫さ」と「見た目」のため。
シニューで仕立てた革製品はとにかく丈夫で、長くタフに使い続けることができます。
またシニューの縫い目には独特の力強い雰囲気があり、それがSWLアイテムの特徴の一つとなっています。
 

 


HAND dyeing
手染め

「表情豊かな作品をつくりたい」という想いで試行錯誤を重ね、生み出したSWL独自の染色技法。
染料の濃度を変えながら、染めては乾かしを繰り返し、パーツごとに自らの手で丁寧に染め上げます。
同じものは2つとない、[手染め]ならではの味わい深い表情を楽しんでいただけます。


 


HAND carving
手彫り

革に彫刻をほどこすレザーカービング。
好みの図柄や文字を刻むことで、世界に一つしかない自分だけのレザーアイテムをつくることができます。
フェザーや唐草といったSWLオリジナルモチーフをはじめ、お店のロゴマークや大切にしている言葉なども彫り込むことができます。
手彫りならではの迫力と唯一無二感は、ありきたりなものでは満足できない方にも喜ばれています。
 


 


HAND finish
手仕上げ

コバ(革の裁断面)の仕上げ方で、革製品の雰囲気がガラリと変わります。
SWLでは、コバを熱したコテで締め、染色・ヤスリがけ・磨きを繰り返し、
時間と手間をかけて、見た目も美しく、手触りも良いコバに仕上げます。

 
 


HAND repair
手直し

SWLのレザーアイテムは、長年の使用により金具が破損したり、縫い糸が切れたりしても、
全て解体して、修理することができるつくりになっています。
長く使い続けてもらうために、つくり手が自らの手で直すことができるという事を大切にしています。



 


PROFILE


代表・クラフトマン

田島隆治 Ryuji Tashima

1972年生まれ 熊本県出身
幼少の頃からものづくりが大好きで、関東の大学で建築設計を学ぶ
大学卒業後、大手住宅メーカーへの就職を機に大阪へ移住
1999年 一級建築士免許を取得
2001年 本当にやりたいことを探求するために会社を退職
2004年 独学で革によるものづくりをスタート
2009年 SWLを設立
2015年 アトリエを京都市に移転
2019年 京都一乗寺にアトリエ併設店舗をオープン

>> 田島隆治ストーリー



店長

田島いづみ Izumi Tashima

1982年 1月1日生まれ 京都府出身
2015年 SWL leather works に本格加入